windows8.1のセーフモードの出し方

先日eset セキュリティからMcAfeeに入れ替え作業をしていたのですが
windows8.1環境下からESET(イーセット)セキュリティをプログラムの
アンインストールから削除して再起動すると延々ループして起動しない現象が起こりました。
復元かけて1日前の状態に戻しましたが念のため再度ESETを削除してみても同じ現象

ホームページを確認しましたら
他社製ウイルス対策ソフトなどがインストールされている状態で、ESET製品をインストールしてしまった場合などには、OSが正常に起動できなくなることがあります。 その場合は、セーフモード(※)にてWindowsを起動し、ESET製品をアンインストールしてください。”

と記載があります。単純に削除しただけなんですがなぜなのか。まあとりあえずセーフモードで削除していきましょう

1.キーボードの[Windows]キー+[I]キーを押します。
2.画面右側に「設定」画面が表示されるので、「電源」をクリック後、[shift]キーを押しながら「再起動」をクリックします。
3.コンピューターの再起動が開始されるので、「オプションの選択」画面が表示されるまで待ちます。

4.「オプションの選択」画面が表示されたら、「トラブルシューティング」を選択します。


5.「トラブルシューティング」画面にて「詳細オプション」を選択します。

6.「詳細オプション」にて「スタートアップ設定」を選択します。

7.「スタートアップ設定」にて「再起動」をクリックします。

8.再起動後、再度「スタートアップ設定」が表示されるので、キーボードの[F4]キーまたはキーボードの[4]を押下します。

 

Windows向けアンインストールツールのツールを使ってアンインストールしてください

以上になります

windows8.1セキュリティ対策トラブル業務日記カテゴリーの記事

コメント

  1. ピンバック: esetをアンインストールしても常駐してるんだけど – FDISK SERVICE

コメントは受け付けていません。